本文へスキップ

熊本県菊池市泗水町 水田ごぼう農家

森本ファーム

安心・安全
特別栽培菊池水田ごぼう 

菊池水田ごぼうとは?
Kikuchi rice field burdock

                菊池水田ごぼう              

         阿蘇山の火山灰土と 菊池の豊富な水と風土が もたらした自然の恵。

                 菊池  
菊池水田ごぼうの菊池とは熊本県菊池市の地名からとっています。

この菊池地域にはあちこちに水田ごぼう畑が広がっていて

出荷の最盛期には見渡す限りのごぼうの葉っぱが広がっています。

    水田
よく間違われるのが「水を張ったままの畑でごぼうを作ってるの?」とよく聞かれますが

水田とはお米を作って収穫が終わった田んぼの後の畑に

ごぼうを作るところからきています。

またごぼうを栽培している地域(泗水町)は水溜りと呼ばれていたらしく

水溜りと言うバス停もあります。

昔は本当に水が溜まっていたそうです。

現在でも重機で土を掘ると水が出てくるので、工事が大変と言われていました。

                   特徴
水分を豊富に含んだ土壌で栽培する事で

菊池水田ごぼうは、なんともいえない風味と香りがあり あくが少なく

柔らかさと肌の白さは他にはないくらいだと思います

ですので色々な料理に活用でき味も絶品ですよ。


         料理方法
ごぼうは皮に栄養が多く含まれていますので洗うときは

たわしで土を落とす程度にして下さい。

あく抜きはやりすぎると栄養が出てしまうので

約15分ぐらいでいいと思います。

ちなみに森本家ではあく抜きはほとんどしません。

煮物などはすぐにやわらかくなり大変手間がはぶけますが

シャキシャキ感を楽しみたい料理の場合は

調理時間を短めにすることをおすすめします

あっという間にやわらかくなりすぎてしまいます。


ナビゲーション

バナースペース

森本ファーム

copyright©2011 morimotofarm. all rights reserved.

サブナビゲーション